他の資産運用とは違う不動産投資の特徴

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産投資み

ビル

他の資産運用とは違う不動産投資の特徴

不動産投資には、株式投資などの他の資産運用投資とは違う特徴がいくつかあります。まず挙げられるのは「個別性」があるということです。それぞれの不動産物件はこの世に一つしか存在ものであるため、株式投資における株券のように同じものがいくつも存在するという性質のものとは異なります。たとえ類似した不動産物件があったとしても、それらは同じ商品ということにはなりません。次に挙げられるのは、不動産は「見える資産」であるということです。そのため、ステータスや満足度が高い資産だと言えるでしょう。そして、不動産投資には「取引所がない」ということも特徴として挙げられます。一般的には業者と投資を行う本人との間で行われる当事者間取引という方法が取られます。さらに「管理を本人が行う」という特徴もあります。不動産投資は土地や建物という現物を所有するものであるため、アパート・マンション経営を行う場合は、建物のメンテナンスなどの実務を行う必要が出てきます。